小雪時節に適して清に身体

小雪のこの節気から、北方から雪が降る、しかし雪の下の回数が少なくて、雪の量はあまり大きくありません.小雪の期間中気温が引き続き続落、直接表現は私の国北方のほとんど地区の気温が徐々に0℃以下の℃以下に達して、同時に長江中下流の多くの地区は続々と冬季に入りました.この節気から、東北風がかすめ取っ、気候が冷却まだ真冬にならないため、多くの人は帽子、マフラーはあまり注意していない.頭を諸方の会という、頭はすべての陽が集まったところで、最も風邪を引くことができない、みんなは帽子をかぶって、きっと防寒、気になる.この節気の中で、室内暖房も暖房、外の寒さ、人々を着てしまって、体内の熱気と出かけない、容易で生の身体、つまり人間の常説ののぼせやすくて.よく聞いて週囲の人が口腔の潰瘍、甚だしきに至っては顔のしこりも普段よりの中で多くなったが、これらは身体の表現は、寒い日に、人々は熱々の食べ物を食べるのが好き、でも姜教授戒め、あまり辛いの食べ物は食べないほうがいい、これより助長体内の身体.また、寒くて乾燥した室内は、多くの人の口の鼻を乾燥を感じ、まるで腹が立った、勧めて熱いスープを飲んで、たとえばハクサイ豆腐スープ、ほうれん草豆腐スープ、羊肉大根スープなどは、また唾液を暖かい.この季節のハクサイ、ダイコンは旬の食べ物、ビタミンと多種の微量元素、そして、白いダイコンが清降气、火をして、とても適しこの節気で食べる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です